独自ドメイン取ってレンタルサーバーを使おう

- 独自ドメインの取得、適切なレンタルサーバー選びを支援 -

独自ドメインは財産です!レンタルサーバーと併用すればサイト、メールのアドレスに独自ドメインを利用できます
リンククラブ ・・・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 734円、 .jp ⇒ 年間 2,381円(税抜)
ムームードメイン ・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 920円、 .jp ⇒ 年間 2,840円(税抜)

- レンタルサーバーを使う -

サーバーの設置場所はどこか

レンタルサーバーには日本国内設置サーバーと日本国外設置サーバーがあります。

国外設置の場合、主にアメリカにサーバーが設置されています。しかしその事による特別なメリットはありません!

もし自分がウェブサイトを立ち上げた時に、そのサイト訪問者に日本在住者が多いと思われるなら、日本国内にサーバーがあった方が到達ルートが近くなります。当然、介在するルーター数が少なくなり、途中でトラブルが起こる確率が減ります。

以上のような理由から日本国内設置サーバーを選んでおけばいいでしょう。

次にサーバーを設置する施設として、ほとんどのレンタルサーバーがIDC(インターネット・データセンター)と呼ばれるサーバー運用に最適化された施設を利用しています。

データセンターの多くはレンタルサーバーとは別の大手通信会社や大小のプロバイダによって運営されています。

データセンターはセキュリティに配慮された特別施設で、地震、火災、停電、熱対策、入退室などに対して、24時間365日有人監視の厳しい管理体制を敷いています。さらに設置したサーバーをインターネットに接続するための専用通信回線も提供しています。

このようにサーバー運用に最適化された施設となっている為に、多くのレンタルサーバー事業者がデータセンターに自社サーバーを置いています。

レンタルサーバー事業者にとって自社だけで高額な大容量通信回線を維持するよりも、データセンターを利用した方が安価に高品位なインターネット接続サービスを確立できます。

さらにネットワーク管理に精通した要員が配置されている為に、人件費の節約もできます。以上のような理由からデータセンターにサーバーを置くレンタルサーバー事業者が増えています。

ただデータセンターと言っても施設やサービス、コストに違いがあります。中には日本品質保証機構(JQA)の認定を受けているような信頼性のあるデータセンターもあります。

しかし多くのレンタルサーバーのサイトでは、どのデータセンターを使っているかまでは掲載していません。仮に判ったところでレンタルサーバー事業者でもない限りその違いは判らないでしょう。

あくまで気休め程度にデータセンターを利用している事を確認しておく程度でいいでしょう。

WordPressやMovableTypeなどブログユーザーの多いレンタルサーバー5社 全て無料お試し期間あり
サーバー名 月額 容量 コメント
エクストリム 228円 10G 無料お試し期間14日!複数ドメインも50個まで利用できます。
ロリポップ 250円 50G ユーザー数国内最多!各種マニュアル完備で初心者ユーザー歓迎してます。
DomainKing 324円 100G 格安ながら複数ドメイン無制限、電話サポートもある穴場サーバー。
さくら 417円 100G 利用者急増中の格安サーバー。ライトプランは機能制限があるので注意!
エックスサーバー 1,050円 200G 独自ドメイン無制限!MySQL30個以上!費用対効果を求める人にお勧め。
条件をしぼって好みのレンタルサーバーを検索できます。
・ディスク容量 MB以上 ※1GB=1000MB ・メールアカウント 個以上 ※999で無制限
・月額料金: 円以下 ・初期設定料金 円以下 ※料金は全てカンマを入力せずに
・初年度料金(年額) 円以下 ・2年目以降料金(年額) 円以下
無料お試し期間 / 独自ドメイン / 複数ドメイン / サブドメイン / 転送量の制限値明記
PHP / Perl / MySQL / .htaccess / ImageMagick / MovableType / WordPress
メール転送 / 自動返信メール / ウェブメール / ウィルスメール駆除 / 迷惑メールフィルタ
データベース環境 PHP :4.4.1 + MySQL :4.0.27 by エックスサーバー(Xserver