独自ドメイン取ってレンタルサーバーを使おう

- 独自ドメインの取得、適切なレンタルサーバー選びを支援 -

独自ドメインは財産です!レンタルサーバーと併用すればサイト、メールのアドレスに独自ドメインを利用できます
リンククラブ ・・・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 734円、 .jp ⇒ 年間 2,381円(税抜)
ムームードメイン ・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 920円、 .jp ⇒ 年間 2,840円(税抜)

- レンタルサーバーを使う -

とにかく信頼できるレンタルサーバー業者を選ぶ! ← 超重要

重要な点をまとめてみました。

サーバー運用実績を見る(どれくらい前から営業しているか)
情報公開の頻度(管理者情報、サーバー障害情報、サーバー機器、設備、ネット接続回線など)
禁止CGIや転送量制限値の明記

どれも敢えて説明するまでもないほど重要なものばかりです。

敢えてひとつだけ注釈を入れると、「 禁止CGIや転送量制限値の明記 」 です。

ひょっとすると、これらを明記してある方が駄目なんじゃないか?と思われるかもしれませんが、逆です。

というのも、レンタルサーバーの需要の大半を占める共用サーバーというのは、完全に自由に何でもできる環境ではないからです。共用サーバーは複数のユーザーがひとつのサーバーを共用して使っています。共用人数はレンタルサーバー会社毎に違いますが、だいたい100人〜200人がひとつのサーバーに同居しています。

自分1人で使ってる訳ではないので、制限があるのは当然です!

仮に、制限を一切明記していないレンタルサーバーを見つけたとしても、実際には他の同居ユーザーに迷惑をかけるような使い方はできません! これはサーバーの仕組みに由来するものなので、どこのレンタルサーバーでも同じことが言えます。

CGIにしろ転送量にしろ無制限に使えるレンタルサーバー(共用サーバー)などありません!

もしサーバー全体のレスポンスに悪影響を与えるような使い方をした場合は、警告の後、利用状況に改善が見込めなければ強制的にアカウント停止となります。多くの人は目を通しませんが、このことが必ず規約に書いてある筈です。

以上の事から、制限事項を誰でも目に付くところに明記してあるレンタルサーバーの方が信頼度は増します。

何ができて何ができないか、がはっきり判ればウェブサイトの運営計画もスムースに運ぶでしょう。レンタルサーバー会社のサイトを見る場合は、甘言に惑わされずこのへんをしっかりチェックしておきましょう。

WordPressやMovableTypeなどブログユーザーの多いレンタルサーバー5社 全て無料お試し期間あり
サーバー名 月額 容量 コメント
エクストリム 228円 10G 無料お試し期間14日!複数ドメインも50個まで利用できます。
ロリポップ 250円 50G ユーザー数国内最多!各種マニュアル完備で初心者ユーザー歓迎してます。
DomainKing 324円 100G 格安ながら複数ドメイン無制限、電話サポートもある穴場サーバー。
さくら 417円 100G 利用者急増中の格安サーバー。ライトプランは機能制限があるので注意!
エックスサーバー 1,050円 200G 独自ドメイン無制限!MySQL30個以上!費用対効果を求める人にお勧め。
条件をしぼって好みのレンタルサーバーを検索できます。
・ディスク容量 MB以上 ※1GB=1000MB ・メールアカウント 個以上 ※999で無制限
・月額料金: 円以下 ・初期設定料金 円以下 ※料金は全てカンマを入力せずに
・初年度料金(年額) 円以下 ・2年目以降料金(年額) 円以下
無料お試し期間 / 独自ドメイン / 複数ドメイン / サブドメイン / 転送量の制限値明記
PHP / Perl / MySQL / .htaccess / ImageMagick / MovableType / WordPress
メール転送 / 自動返信メール / ウェブメール / ウィルスメール駆除 / 迷惑メールフィルタ
データベース環境 PHP :4.4.1 + MySQL :4.0.27 by エックスサーバー(Xserver