独自ドメイン取ってレンタルサーバーを使おう

- 独自ドメインの取得、適切なレンタルサーバー選びを支援 -

独自ドメインは財産です!レンタルサーバーと併用すればサイト、メールのアドレスに独自ドメインを利用できます
リンククラブ ・・・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 734円、 .jp ⇒ 年間 2,381円(税抜)
ムームードメイン ・・・・ .com .net .info ⇒ 年間 920円、 .jp ⇒ 年間 2,840円(税抜)

- レンタルサーバーを使う -

ネット上の評判を鵜呑みにしない! ← 超重要

ネット上には各レンタルサーバー事業者に対して、様々な意見や感想が氾濫しています。

まず分けて考えたいのは、レンタルサーバーの機能についての評判と、サーバーレスポンスについての評判です。機能についての評判ならそのまま受け取っても問題ありません。なぜなら誰が利用しても皆同じ機能を使えるからです。

問題なのは、サーバーの快適度つまりサーバーレスポンスについての評判です。

レスポンスとはユーザーがサーバーに命令を送った時に反応する速度のことです。一番分かりやすいのは、ブラウザでのウェブページ閲覧時の表示速度です。

一番 これはそのままサーバーの快適度につながります!

どんな便利な機能をサービス提供していても、レスポンスが悪いと意味をなしません! そしてこのサーバーレスポンスについてのネット上での評判をそのまま鵜呑みにするのは危険です。

というのもレンタルサーバーの需要の大半を占める共用サーバーにおいては、契約ユーザーの全てが同じ環境を提供される訳ではないからです。

共用サーバーのサービスを短くまとめると次のようになります。

共用サーバーとはレンタルサーバーの形態のひとつで、1台のサーバーを複数のユーザーで共用するサーバーのことです。価格も手ごろでサーバー設定などはレンタルサーバー業者任せでいいので、専門的な知識を必要としません。

普通、どの解説サイトでも共用サーバーの説明というとこんな感じになります。しかしレンタルサーバーにおける共用サーバーは、1台だけが稼動している訳ではなくて、複数の共用サーバーが同時に稼動しています。その中の1台に自分が契約した時に入居するわけです。

共用サーバー毎にレスポンスも変わります。何故なら入居しているユーザーが全く違うので、転送量も負荷もそれぞれ異なるからです。

さらに共用サーバー毎に同居人数、サーバーパソコン、サーバーOS、サーバーソフトが違うといった事もよくあります。

このため、同じレンタルサーバーを契約しても誰もが同じサーバー環境を得られる訳ではありません!
共用サーバーの当たり外れは個人毎に出てしまう厄介なものなのです。

このような特性上、ネット上でレンタルサーバー利用者のサーバーレスポンスにまつわる種々の評判を見ても鵜呑みにしない方が賢明です。

WordPressやMovableTypeなどブログユーザーの多いレンタルサーバー5社 全て無料お試し期間あり
サーバー名 月額 容量 コメント
エクストリム 228円 10G 無料お試し期間14日!複数ドメインも50個まで利用できます。
ロリポップ 250円 50G ユーザー数国内最多!各種マニュアル完備で初心者ユーザー歓迎してます。
DomainKing 324円 100G 格安ながら複数ドメイン無制限、電話サポートもある穴場サーバー。
さくら 417円 100G 利用者急増中の格安サーバー。ライトプランは機能制限があるので注意!
エックスサーバー 1,050円 200G 独自ドメイン無制限!MySQL30個以上!費用対効果を求める人にお勧め。
条件をしぼって好みのレンタルサーバーを検索できます。
・ディスク容量 MB以上 ※1GB=1000MB ・メールアカウント 個以上 ※999で無制限
・月額料金: 円以下 ・初期設定料金 円以下 ※料金は全てカンマを入力せずに
・初年度料金(年額) 円以下 ・2年目以降料金(年額) 円以下
無料お試し期間 / 独自ドメイン / 複数ドメイン / サブドメイン / 転送量の制限値明記
PHP / Perl / MySQL / .htaccess / ImageMagick / MovableType / WordPress
メール転送 / 自動返信メール / ウェブメール / ウィルスメール駆除 / 迷惑メールフィルタ
データベース環境 PHP :4.4.1 + MySQL :4.0.27 by エックスサーバー(Xserver